酢キャベツ ダイエット やり方 効果

酢キャベツダイエットのやり方【デブ菌・痩せ菌の効果】

いま注目の酢キャベツダイエットは、効率よくデブ菌を減らし痩せ菌を増やす方法です。

 

痩せ菌を増やす方法に関しては、「 痩せ菌を増やす方法」で詳しくまとめていますが、酢キャベツダイエットは酢とキャベツを混ぜて食べるだけの簡単ダイエット法です。

 

ダイエットのため酢キャベツを食べている芸能人も多く、酢キャベツダイエットが話題になっています。

 

酢キャベツダイエットのやり方

 

デブ菌を減らして痩せ菌を増やすサプリを飲む女性

 

酢キャベツのやり方ですが、絶対に守らなければならないようことはありません。朝昼晩の食事で酢キャベツを毎食100g食べます。

 

なぜ酢キャベツ?

 

@、キャベツには食物繊維が豊富に含まれるためデブ菌を減らし痩せ菌を増やします。
A、酢は悪玉菌が過剰に増えてしまうのを防ぐはたらきをします。

 

より早く、効果を感じたい方は食事をするときに、まず酢キャベツから食べることをおすすめします。

 

これは最初に酢キャベツを食べることで血糖値を急激に上昇させないためです。血糖値の急上昇を繰り返すことで太りやすい体質になりますので、ダイエットを考えている方はこれを意識するだけでも効果が変わってきます。

 

酢キャベツでなくても、食事のときに食物繊維から食べることで血糖値の上昇をゆるやかにすると言われています。

 

酢キャベツの作り方

 

@、キャベツ半分を千切りにします
A、袋に、千切りしたキャベツと塩を小さじ2を入れ軽くもむ
B、そこへお酢を200ml加えて軽くもむ

 

それを、冷蔵庫で半日寝かして完成です。

 

塩分を控えている方は塩を入れなくてもよいです。調味料が加わったところで極端に美味しくはなりません。

 

もともと、酢キャベツはそんなに美味しい食べ物ではありません。当然、毎日食べると飽きます。ですから、「ダイエットのためだよ」と自分に言いながら食べましょう。

 

酢キャベツを食べるときの注意点

 

酢を200ml入れると、袋の下に酢がたまります。酢キャベツを袋からだして食べるときは酢を絞ってから、食べたほうがよいです。というのも、酢キャベツを皿に盛りつけるときに酢もたくさんついてきます。その酢をそのまま飲むのは体によくありません。

 

通常、普通の酢を飲むときは薄めて飲まなければなりません。原液のまま飲むと、酸により口、喉、胃の粘膜があれてしまい胸やけなど起こすことがあります。また、すっぱ過ぎるのでキャベツを食べるのが大変です。

 

酢はデブ菌が増えるのを防ぎますが、多く摂取すれば効果があるというわけではありません。使用する酢により異なりますが、摂取量を記載していない場合でも1日に摂取する酢の量は20〜30mlていどがよいです。

 

摂取量が多くなりすぎないように気をつけましょう。

 

また、酢キャベツに使用する酢はリンゴ酢が刺激が少なくてよい!と言われています。リンゴ酢にはカリウムが豊富に含まれているため、余計な塩分を排出する働きをしますが、腎臓が悪い人は摂取のしすぎに注意してください。

 

簡単にまとめると、酢は体に良いけれど摂取のしすぎはダメですよ!っていうことです。

 

個人差はありますが、毎日酢キャベツを食べると、1ヶ月ほどでうれしい効果を感じられますよ。継続することが重要です。

 

サプリメントでデブ菌を減らす簡単な方法もあります。

 

⇒ デブ菌を減らすサプリ@おすすめランキング【最新】