痩せ菌サプリおすすめランキング

痩せ菌サプリおすすめランキング※人気サプリをご紹介

痩せ菌を増やしデブ菌を減らす、「痩せ菌サプリ」のおすすめランキングをご紹介します。痩せ菌サプリ選びに困っている人必見です。

 

人気の痩せ菌サプリメント

 

⇒ いますぐに、痩せ菌サプリおすすめランキングを確認する

 

 

わたし達のお腹にはたくさんの腸内細菌がいて痩せ菌とデブ菌が存在しています。腸内に痩せ菌が増えると、ダイエットサポートをするだけでなくさまざまな良い効果が出てきます。

 

日頃から痩せ菌を増やす食事を心がけることでデブ菌を減らせますが・・・なかなか難しいですよね。

 

そこで、痩せ菌サプリが注目されています。痩せ菌サプリは、その名のとおり痩せ菌を増やしてデブ菌を減らします。

 

お手軽で効率が良いので、毎日忙しくて痩せ菌を増やす食事に気を遣えない人にはうれしいサプリです。

 

デブ菌を減らして痩せ菌を増やすサプリを飲む女性

 

ここでは、数ある痩せ菌サプリの中から成分・価格・口コミなどを元に、おすすめサプリをランキング形式で紹介しています。

 

痩せ菌サプリランキング最新版をご覧ください。

 

痩せ菌サプリおすすめランキング@最新版

 

 プレミアムスリムビオ

プレミアムスリムビオ・痩せ菌サプリランキング1位


プレミアムスリムビオは、乳酸菌の数が驚異的!1袋あたり1兆個も入っています。


その中でも、独自の培養・処理技術で高密度濃縮されたEC-12は、たった0.2gでカップヨーグルト100個分、数にして100億個にもなります。


ヨーグルトで摂ろうと思ったら絶対に無理な量が、このサプリを使えば簡単に摂取できますよ。


そのほか、乳酸菌のラクトフェリンが配合されており、女性の美容をサポートする力もあります。


プレミアムスリムビオには、乳酸菌だけでなくまだまだほかにも健康と美容に役立つ成分が盛り込まれています。


内側から働きかけ、スッキリをサポートするだけでなくお肌もきれいになれる。おすすめの痩せ菌サプリメントです。



⇒ プレミアムスリムビオの詳細はこちら


 

 コンブチャ生サプリ

コンブチャ生サプリメント・痩せ菌サプリランキング3位


コンブチャ生サプリの主成分は、酵素・酵母・乳酸菌です。


注目は、熱に弱い成分がお腹まで届くよう、特殊な方法で作られているところ。良い成分が腸内でしっかりはたらき、ダイエットのサポートをしてくれます。


良い成分が1粒に凝縮されているので、何粒も飲まずに済むのも大きな魅力です。


サプリ1粒に含まれる乳酸菌は、約100億個。乳酸菌は22種類、そのほかに酪酸菌やオリゴ糖も配合されており、たった1粒でも痩せ菌を増やして腸内環境を整えてくれる成分が豊富に含まれているというのも注目ポイントです。



⇒ コンブチャ生サプリの詳細はこちら


 

 プレミアム酵母

プレミアム酵母・痩せ菌サプリランキング2位


プレミアム酵母は、2006年の発売以来シリーズ累計1億食を突破したダイエットサポートサプリです。


酵母菌が特殊製法により生きたままお腹に届き、スーパー痩せ菌として糖分を分解し、デブ菌が増えにくい腸内環境を作り、お腹の中から痩せ体質に変えてくれます。


グルコマンナンが配合され、満腹感もサポートしてくれるのもダイエットの強い味方!


アミノ酸、ビタミン、ミネラル、食物繊維など栄養素が豊富で、ダイエット中の健康と美容をサポートしてくれるサプリメントです。



⇒ プレミアム酵母の詳細はこちら


 

痩せ菌・デブ菌とは?

 

仲良しで食事はいつも一緒。スイーツバイキングも一緒に行く友達は、同じように食べているはずなのに太りません。私はと言えば、食べた分だけ蓄積されるみたい。お腹もぽっこりしてきました。

 

ダイエットしたいと思いますが、食べても痩せない友達と比べてしまって、どうも力が入りません。そんな時、腸内細菌と太りやすさが関係していることを知りました。

 

腸内にいる痩せ菌とデブ菌の存在が重要なポイントになるようです。これを知らなきゃダイエットも始まらない!と思ったので、痩せ菌とデブ菌について調べてみました。

 

 

■ 痩せ菌・デブ菌とは?

 

痩せ菌・デブ菌は、腸内細菌の仕組みと関係があるということなので、まずは腸内細菌の仕組みをおさらいしてみます。

 

お腹の中には、たくさんの腸内細菌がいます。その数は、約300種類、100兆個とも。重さにして約1kgあります。ものすごい量ですね。ご存知の人も多いと思いますが、腸内細菌は、善玉菌・悪玉菌・日和見菌という3つに分けられます。

 

これらの細菌は腸の壁に張り付いて住んでいますが、それがお花畑のように見えるところから腸内フローラと呼ばれるようになりました。

 

 

腸内フローラとは

 

 

腸内では善玉菌と悪玉菌が常に戦っています。善玉菌の勢力が強いと健康的な生活をおくれますが、悪玉菌の勢力が強いと便秘になったり下痢になったりトラブルが起きます。

 

ですから、常に善玉菌が優勢になっていなければなりません。

 

また、免疫細胞(血液中に含まれる白血球)が病気の原因となる生物から体を守っていますが、免疫細胞の約70%は腸内にいることもわかってきています。腸内フローラを整えて改善することは、ダイエットや美容だけでなく健康面においてもとても重要なのです。

 

善玉菌、日和見菌、悪玉菌

 

善玉菌にはフェカリス菌やビフィズス菌などがあり、悪玉菌の侵入を防ぐ、腸のぜん動運動をうながすなどのはたらきをします。

 

悪玉菌にはウェルシュ菌、黄色ブドウ球菌などがあります。悪玉菌が増えると便秘や下痢などの原因となります。また糖尿病の原因となる細菌もいます。

 

日和見菌は、善玉菌と悪玉菌のどちらか多いほうに同調します。もし腸内に悪玉菌が多ければ日和見菌は悪玉菌となってしまうわけです。

 

上記の3種類のうち、善玉菌と日和見菌の中に痩せ菌が、悪玉菌の中にデブ菌があります。

 

痩せ菌は、脂肪の吸収を抑える力を持っている菌で、ビフィズス菌のほか、バクテロイーデス類,、酵母菌も痩せ菌です。ビフィズス菌もバクテロイーデス類も、短鎖脂肪酸(有機酸)を発生させることで、腸内環境を改善し、肥満を防ぎます。

 

■ 短鎖脂肪酸の3つの働きとは?

 

腸内細菌が食物繊維やオリゴ糖などを分解することで短鎖脂肪酸(たんさしぼうさん)が作られます。

 

短鎖脂肪酸は、酪酸、プロピオン酸、酢酸、乳酸などの有機酸で、有機酸にはおもに3つのはたらきがあります。

 

1.有機酸により腸内が刺激され、便通が良くなります。
2.腸内を酸性に保ち、悪玉菌の増殖を抑えます。
3.腸の粘膜を保護してウイルスや細菌から身体を守ります。

 

基本的に、お腹の調子を良くするはたらきがあるのですね。でも、肥満細胞との関係で、もっとすごいダイエット効果もあるのです。

 

短鎖脂肪酸とは

 

太るのは、身体にある肥満細胞が血中の脂肪を取り込み、増大していくのが原因です。ですが、血中に短鎖脂肪酸があると、血中の脂肪の取り込みが行われなくなります。

 

短鎖脂肪酸は、腸内で吸収された後、血管を通って全身に回り、体中の脂肪細胞にはたらきかけ、脂肪の吸収を抑え、蓄積されるのを防ぎます。また、筋肉にはたらきかけて脂肪を燃焼する役割もあります。

 

こうして短鎖脂肪酸が腸内から吸収されて血中にあれば、肥満を防止することができるわけですね。

 

■ 酵母菌の働きとは?

 

痩せ菌として、乳酸菌やビフィズス菌はよく知られていますが、最近は酵母菌も注目されています。

 

酵母菌とは

 

酵母菌は、発酵をうながす微生物で、世の中に数百の種類があると言われています。日本酒や味噌を作る際に欠かせない物質であると同時に、たんぱく質やビタミンを多く含み、人間の体内に入ると、酵素を作り出す力も持っています。

 

酵母菌が腸内で作用する効果は、多岐に渡ります。

 

酵母菌は、糖質を水や炭酸ガスに分解することによって、悪玉菌が繁殖しにくい環境を作り出します。さらに、酵母菌から生み出される酵素にはさまざまな種類があります。

 

酵素は、新陳代謝を良くし、栄養素を分解・吸収し、細胞のもとになります。また、食べ物の消化・吸収にも欠かせない物質です。腸内には身体の免疫システムが備わっていますが、酵素は腸内環境を整えて免疫力を向上させてくれます。

 

酵母菌を身体に摂り入れることによって、糖質をコントロールし、痩せやすい身体を作ることができるのですね!

 

⇒ 痩せ菌サプリランキング@最新版

 

痩せ菌の効果!デブ菌が減ってくるとどうなる?

 

痩せ菌を増やす。デブ菌を減らす!効果は?

 

乳酸菌や酵母菌などの痩せ菌がお腹に増えると、デブ菌も減ってくるためさまざまな良い効果が出てきます。

 

・お通じが毎日スッキリになります。
・肌の調子が良くなります。
・お腹がスリムになります。
・体重が減ります。
・痩せ体質になります。

 

こんな効果が、つらいダイエットをしなくても手に入るなんて、痩せ菌の力はすごいですね!

 

このような痩せ菌によるダイエット法は、菌活ダイエットとも呼ばれています。運動でも食事制限でもなく、菌の力でダイエットができるなんて、夢のようです。

 

■ 痩せ菌は食べ物で増える!

 

痩せ菌を増やす食べ物

 

 

痩せ菌を増やすには、痩せ菌のエサとなる食物繊維や乳酸菌を摂取するのが効果的です。

 

ヨーグルトには、善玉菌の乳酸菌が入っているので、毎日食べると痩せ菌が増えます。とくに、就寝前1時間くらいに食べると、寝ている間に腸の働きで消化吸収がスムーズになり、脂肪がたまりにくくなるのです。

 

ただし、ヨーグルトの乳酸菌にはさまざまな種類があり、お腹の腸内環境によって増えるかどうかは個人差があります。乳酸菌にも相性があるんですね。

 

また、納豆もおすすめの食材です。納豆には、大豆オリゴ糖という成分が含まれており、これは痩せ菌のエサになります。そのほか、ごぼう、バナナ、アスパラガスなどにもオリゴ糖が含まれていますので、菌活には効果的。

 

水溶性食物繊維も痩せ菌のエサになります。水溶性食物繊維はごぼう、納豆、アボカド、キノコ類、海藻類などに含まれています。

 

さらに、最近の研究ではバーリーマックス大麦を毎日少量摂取するだけで、約2週間ほどで痩せ菌が増えることも分かっているそうです。

 

バーリーマックス大麦は市販でも簡単に購入できます。

 

ご飯と混ぜて炊いたり、茹でたものを野菜にトッピングしたり、スープに入れて食べればよいので是非取り入れてください。

 

普段の食事でこういった食材を積極的に摂ると、自然に痩せ菌が増えていきます。

 

以上のように食べ物で摂取するのも良いですが、もっと効率が良いのは、痩せ菌を配合したサプリメントを使う方法です。

 

■ 痩せ菌を摂り入れるには痩せ菌サプリがおすすめ!

 

デブ菌を減らして痩せ菌を増やすサプリを飲む女性

 

サプリをおすすめする理由は、次の2つです。

 

手軽に必要な栄養素が摂取できる

 

もし痩せ菌を食べ物だけから摂ろうと思ったら、毎日どれだけの食べ物をプラスしなければならないか、ご存知でしょうか。

 

たとえば乳酸菌の場合、ヨーグルトを食べれば摂取することができます。でも、腸内環境を改善するために必要な量は、じつは膨大なのです。

 

食べた乳酸菌がしっかりお腹の中で作用するには、1兆個以上の乳酸菌が必要とも言われています。膨大すぎて見当もつきませんよね。

 

これは、プレーンヨーグルトの場合、250mlで約20〜30億個に相当します。1兆個にするには、500倍も食べないといけない計算になります。…とても無理ですよね。

 

ところが、サプリメントであれば、この膨大な量を数粒のタブレットで摂取することが可能なのです。すごいと思いませんか?

 

もう1つの理由として、飽きずに続けやすいということがあります。

 

ヨーグルトを毎日大量に食べ続けるのは、とてもたいへん。トッピングを替えてもじきに飽きてしまうでしょう。でも、サプリメントであれば、食事内容に関係なくさっと水で飲めば必要量が摂取できます。味に飽きるのは心配しなくて済みますよ。

 

このような、乳酸菌や酵母菌などの痩せ菌が入ったサプリメントには、1日1回か2回で、1日分に必要な痩せ菌が摂り込めるようになっています。

 

無理なく続けられて、痩せる体質になれるなんて嬉しいですね!

 

痩せ菌サプリにはいろいろな種類がありますが、いずれも短鎖脂肪酸(有機酸)を摂り入れる目的で作られています。

 

ビフィズス菌、バクテロイーデス菌、酪酸菌、乳酸菌などは、どれも痩せ菌と言えます。1日数粒を飲むだけで菌活ダイエットになり、アメリカのセレブの間でも菌活ダイエットは流行しているとか。

 

お腹の中から痩せやすい体質になれれば、私も友人のように太るのを気にせず、好きな物を食べられます^^ どうしても痩せられないと思っている人にも、効果の高いダイエット法だと思いますよ。

 

是非、試してみてください。

 

⇒ 痩せ菌サプリランキング@最新版